プレゼント交換

例年ですと勤めている音楽教室ではクリスマス会の時期です。サロンコンサートを開きクリスマスプレゼントを交換する、それだけの会ですが今年は中止となりました。当たり前の事が貴重に感じられる一年です。

音楽教室ならではですが、プレゼント交換をするのもクリスマスの歌を歌いながらです。輪になり、うたの拍に合わせてお隣のお友達にプレゼントを渡して行きます。歌が終わったところで持っていたプレゼントがその子のもの、となります。小さな生徒さんではプレゼントを回すのに必死で歌ってなかったり、拍よりも早くどんどんプレゼントを回してしまったり。

こうして幼稚科や小学生低学年の大きな輪ではプレゼントの渋滞があちこちで起こります。そして先生方は「このクラスはもう少しリトミックが必要だね〜」とか「歌いがならプレゼントを渡せないと!」などと密かにチェックしているのです(笑)

今年は一対一でお手玉やポンポンをプレゼントに見立てて交換の練習をしています。確かに一対一でも歌いながら手を動かすのは慣れないと難しいですね。クリスマスの歌はこの時期よく耳にするので生徒さんたちも楽しそうに歌ってくれます。3拍子や6/8拍子系の歌も取り混ぜてクリスマス気分を盛り上げています。

前の記事

散歩みち

次の記事

新年にあたって