今年の秋は

月が変わり10月となりました。学校関係は後期の始まりです。コロナの影響で補講が大変な時期もありましたが、後期からは通常通りのスケジュールで動けそうです。

ただまだいつも通りにできない事もあります。例年ならばコンサートシーズン真っ只中で、音楽関係者は一番華やぐ季節。でも特に声楽、管楽器関係のコンサートは人数制限もありなかなか実施が難しいようです。関係している合唱団の活動は再開できないままですし、小学校の音楽の授業では、歌がなくて鍵盤ハーモニカやリコーダーをお友達と離れて演奏していると聞きました。新一年生は校歌もまだ習ってないとか。

カラオケがすっかり娯楽の一つとして定着しているように、「声を出す、歌う」って気持ちいい、心が晴れ晴れする楽しいことですよね。せめてマンツーマンのレッスンでは声を出してもらいたいと、毎回視唱の時間を取っています。

来年はこの状況が続かない事を祈っていますが、今のこの時にできる事を探して、頭はいつも以上に使わないといけませんね。またお散歩にも良い季節、大声を出せない代わりに少し体を動かして秋を味わおうと思っています。

前の記事

和音との出会い

次の記事

栗の季節